オリゴ糖とは

オリゴ糖という名前を、メディアで耳にしたり食品のパッケージなどで見かけたことがある人も多いでしょう。このサイトでは、オリゴ糖とはどんなものなのか、健康にどういう効果が期待できるのかを説明します。

オリゴ糖と一口に言っても、実はオリゴ糖はおよそ20ほどの種類があります。その中には、胃や小腸で消化されにくい性質のものがあり、それらは大腸でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなります。善玉菌の増殖を促し、腸内が善玉菌有意な状態となるため、腸内環境が整えられる効果が期待されているのです

納豆20種類ほどあるオリゴ糖の中でも、腸内環境を整えるのに効果があるとされているオリゴ糖には、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖があります。フラクトオリゴ糖は、虫歯になりにくく低カロリーなのも特徴です。イソマルトオリゴ糖は、防腐作用もあるため、醤油や味噌などの保存食品に用いられることもあります。ガラクトオリゴ糖は、たんぱく質の消化吸収を助ける働きも期待できるとされています。大豆オリゴ糖は、大豆に含まれるオリゴ糖の総称で、他のオリゴ糖よりも少ない量で腸内の善玉菌を増やすことができるとされています

オリゴ糖には便秘解消を始め、様々な健康上の効果が期待できますが、摂りすぎるとお腹がゆるくなることもあるので、少量から生活の中に取り入れることをお勧めをします。

Pocket

Published by 運営者