便秘改善への効果

便秘にはオリゴ糖がよいという情報をメディアなどで耳にしたことがある人もいるでしょう。このサイトでは、便秘対策としてのオリゴ糖の効果や接種方法について説明します。

腸内環境人間が食べ物を摂取した後、その消化吸収を促進し、腸内環境を正常化させるために重要な役割を担っているのが腸内の善玉金です。善玉菌は、腸内にいる悪玉菌と戦っています。悪玉菌に腸内を支配されるという事態を防ぐためには、常に善玉菌を多数維持しておかなくてはいけません

オリゴ糖は善玉菌のエサなので、腸内の善玉菌を増やす役割を担っていると言えます。つまり、オリゴ糖を摂取すると腸内環境が正常化し便秘改善につながるということです。オリゴ糖を多く含む食品には、大豆、アスパラガス、にんにく、ごぼう、玉ねぎ、はちみつなどがあります。また、オリゴ糖が配合された特定保健用食品なども市販されています。

オリゴ糖を摂取する際の注意点としては、摂りすぎると、低カロリーとは言え糖類なので体重増加などの原因となることがあること、また、お腹がゆるくなることがあることが挙げられます。まずは少量ずつを生活の中に取り込んでみることをお勧めをします。

オリゴ糖とは

オリゴ糖という名前を、メディアで耳にしたり食品のパッケージなどで見かけたことがある人も多いでしょう。このサイトでは、オリゴ糖とはどんなものなのか、健康にどういう効果が期待できるのかを説明します。

オリゴ糖と一口に言っても、実はオリゴ糖はおよそ20ほどの種類があります。その中には、胃や小腸で消化されにくい性質のものがあり、それらは大腸でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなります。善玉菌の増殖を促し、腸内が善玉菌有意な状態となるため、腸内環境が整えられる効果が期待されているのです

納豆20種類ほどあるオリゴ糖の中でも、腸内環境を整えるのに効果があるとされているオリゴ糖には、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖があります。フラクトオリゴ糖は、虫歯になりにくく低カロリーなのも特徴です。イソマルトオリゴ糖は、防腐作用もあるため、醤油や味噌などの保存食品に用いられることもあります。ガラクトオリゴ糖は、たんぱく質の消化吸収を助ける働きも期待できるとされています。大豆オリゴ糖は、大豆に含まれるオリゴ糖の総称で、他のオリゴ糖よりも少ない量で腸内の善玉菌を増やすことができるとされています

オリゴ糖には便秘解消を始め、様々な健康上の効果が期待できますが、摂りすぎるとお腹がゆるくなることもあるので、少量から生活の中に取り入れることをお勧めをします。

便秘の原因と改善法

便秘なかなか改善されない便秘に悩んでいる人もいるでしょう。便秘は、それ自体でも心身がスッキリせず不快な症状ですが、他の不調を引き起こす原因にもなります。便秘により腸管のバリア機能が低下すると、悪玉菌による腐敗産物や活性酸素、有害な菌などが体内に取り込まれてしまい、巡り巡って肌の乾燥や肌荒れにつながります。また、便秘が続くと、悪玉菌が生み出すフェノール類と呼ばれる物質が腸内に増加し、それが血液を通して皮膚に蓄積すると、表皮細胞の新陳代謝が適切に行われなくなり、皮膚がくすんだり乾燥する原因になることがわかってきました。さらに、腸内環境が悪玉菌優勢になっていると、当然食物の消化吸収もきちんと行われなくなりますので、体の各所に不調が起こる原因となり得ます

便秘がちな人は、腸内のビフィズス菌が不足している可能性があります。腸内では、常に善玉菌と悪玉菌が戦っているのですが、善玉菌のエサとなるビフィズス菌が不足すると、悪玉菌有意な状態になり、便秘を引き起こす原因となるのです

腸内のビフィズス菌を増やし、善玉菌有意な状態を保つためには、善玉菌のエサを十分に維持しておくことが有効です。この善玉菌のエサになるとして注目されているのがオリゴ糖です。オリゴ糖は様々な食品に含まれ、オリゴ糖を配合した特定保健用食品も販売されています。食事にオリゴ糖を適切に取り入れることで、便秘解消効果が期待できます。このサイトをそのために役立てていただければ幸いです。